アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアーサドンデス

 今日私はだらしなく伸びた髪を切るため理髪店(ヘヤーサロン)へ向かった。 母から申し訳なくも軍資金を二千円賜わりジャスコまで赴くことに、で三十分でジャスコ内にある理髪店まで到達、此処へ来るのはかれこれ二年降り千六百円程でカットのみができるただ思うようにカットしてくれないから来るのを遠慮していたのですが、四の五の言わず勢い良く引き戸を前に開け中にはいると、「シッマセー」と山彦をかけられ、やはり慣れない雰囲気に気おされつつも、レジ前に怖ず怖ず入り、「カットお願いします」と廻りにすっかり呑み込まれ、まるで蛙が蛇に睨まれたときだす蛙油を背中から吹き出しそうなそんな心理状態で喋った声だから相手に伝わらないし二度やりとりして、「カードお持ちですか?」と聞かれあわてて探すと無かったので、名簿に名前を記載し待つことに。
 漫画よみつつ待ってたら直ぐよばれ案内された二つ目の席に、着席しばらくたったらカットの人が顕れ(…げっあん人は!)「何時も通りで宜しいですね?」…いつもって年に一回位しかこここないんだけど、それでも私を覚えてるのだろうか?などと心でこの時おもってたからツッコミしたら良かった。「はあ」などと相槌うってしまったからなのかカット短めっていってあったのに見たら、キノコっつてなにっつ聞いたら、「ファッショッン」なにいいだすのか、短めでいいですからっつファッションいらないですから、でなんか多少イラついてたが(みょうなプロ意識で髪型遊ばれても困る)納得してもらって(…なかった)改めてカットしてもらうこと数十分目を開いたらこの間とは打って変わって別のよう……た!なななっつ前髪ちょっときりそこねてとびでてるしかも髪左二段になってみぎ三段…………………。
            ありがとうございました                      ー教訓―どうやらあそこは別のプロフェショナルがいるみたいだ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。