アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天外魔境II日記イヒカの遺産四つの銅鐸編

/18(FRI)

 イヒカの村長から【天人の巻物】と【四水の鏡】を貰い、この紀伊の国に伝わる

 イヒカ族が残したとされる遺跡を捜し歩くことにした。

 まずは大タタの船が眠るとされる熊野村に行くことにした。


 熊野村。

 大タタが奉納されている熊野村に来た卍丸、奉納されている神殿の入り口を

 探してみたがなにやら、不思議な石像があるだけで入り口が見当たらない

 そのとき・・。【四水の鏡】が輝き始め光線が石像を照らし始める。

 すると奉納神殿への階段が降りはじめ先に進めるようになったっつ。

 
 大タタ奉納神殿内

 大タタを守護するからくり兵があちこちに点在しそれをなぎ倒しつつ、

 先に進むと大タタ船が水面(みなも)にたたづんでいた。

 のりこんでみるが・・大タタ船の前には隔壁がありこれ以上は

 進めそうにない・・・。

 「よぉしぶっとばしちまおうぜぇっつ、こいつで」といって砲台に

 手をかけて狙いを絞り標準をつけて

 「みてろぉ俺様は狙撃の王様でえい」 

 などといって奉納伝の隔壁をぶちとばした・・なんて罰当たりな

 ーずどどぉおおんっつ

 爆音と共に、派手な出向式となった。

 「ゴーイング・メリンゴーのしゅっぱーっつ」なにいってやがるこいつわ・・・

 まあとにかく大タタ船に乗って出港した。

 
 てなわけで、そろう>
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。