アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天外魔境II日記其埜碌


 02/10(木曜日)

 

 卍丸が火の一族として使命に目覚めそのきっかけとなった皮肉な街、高山。
 暗黒ラン

                 ソビ タ
 各地に天にもそびえる仰々しいまで聳え立つ、この暗雲きり立ち込める根を張る

 ヤマ
 疚しい茎と、鬱鬱とした霧のように散布された濃い程にまで散布された燐粉。

 この燐は各地に点在する根の一族から供給する人々の阿鼻叫喚を増幅し

 根の一族の力と狂喜でみたし、その闘争本能と戦闘意識を掻き立てるだけでなく、

 人々の阿鼻叫喚を栄養とするために根をはり株分けまでし、関西全土に根をはり

 巡らせ成長している。

 鬼骨城から無事高山村にたどり着いた卍丸は暗黒ランの燐粉に苦しむ人、
 
 精気を吸われ倒れかけてる人・・・惨状を目の当たりにし子分達が心配だった・・・

 だが今は暗黒ランを一刻も早く斬る事が先決と先を急いだっつ

 町の真ん中より少し西に入ったあたりに、暗黒ランをみつけたっつ

 再び意思に語りかけてきた「卍丸よっつ私を聖剣紅丸をつかって紅丸斬で」

 卍丸は柄を持ち一気に引きぬき天高く駆けるように紅丸斬を放つ

 おいらは絶対ゆるさない!根の一族・・絶対ゆるしはしない!

 「我が前にっつ敵はぁあ・・・なぁぁぁああっつしぃいっつ」

 暗黒ランの根にむかって紅丸斬が炸裂したっつ

 -ブシャア・・!

 瘴気は消え去り暗黒ランが今まで吸っていた精気が火多に広がる。

 -おぉ・・やった消えたぞ!
 -消えたわ!
 -ありがとうっつ
 歓声が今まで遮っていた日光も呼び起こしたのか、高山を覆っていた暗雲から
 
 木漏れ日が差し込み後光の様に卍丸を照らす。

 だが・・まだ終わったわけではない・・。まだ暗黒ランはあと6本ある

 尾張の莫迦へ続く>
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。