アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天外魔境日記3

火の一族その宿命

ツメ王を撃破し無事母上を助け母とともに家路に就いた卍丸。

母はその卍丸に対する劇的な成長を目の当たりにしある決意をする

火の一族

父が行方不明になった事、そしてこの世界がいま根の一族
に襲われている理由。

自分たちの血にこのいにしえの勇者の猛々しい宿命がある。

そして父も根の一族踏破の為聖なる剣を探しに

闇黒ランを切り捨てれる勇者がかつて使いし聖なる剣を探しにでかけ

行方不明となると母は語る。

今父の形見剣と陣羽織を渡されもしも自分になにかあれば

卍丸お前が最後の希望となって聖なる剣そして

ほかにもいる火の一族を探し出し根の一族を封滅するのだ・・・

これが行方不明の父の言伝だったそうだ・・だが

母は言いたくなかった、一人息子にこの様な過酷な運命を背負わせたくなかった

ただの子供としてこのまま育ってほしかった・・でも、戦う姿をみて

心を決めた、あの雄姿まちがいなく父に瓜二つでありあの戦ってた瞳あれこそ

燃え上がる火の一族そのもの、消しても消せぬ勇気と知恵と愛それを感じ取ってたのでしょう。

陣羽織を羽織って形見の剣をもち卍丸は母に言う「いってくるよ」

「いってらっしゃい、いつでも帰っておいで。」

目指すは鬼骨城!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。