アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったなこんな宿題。其壱税収作文


    税の発端・・古代ローマ発端で結婚税等を多く

   ローマでは便税死税(死ぬ時の税は今でもある)

   など粗今の税収の大本となる約束事を作りだした

   。

   今現在税収一位はアメリカ大国とか言われている。

   
   税は二つの種類に分かれる

   生活税と国民税。

   生活税は

   消費されることで得られる税。

   国民税

   国民が払っていく国保や年金等
   
   アメリカは生活税や国民税は個人で賄われる為一切かかっていない。

   その為アメリカ人が日本国に流れて働くケースが近年

   多くなってきている。

   その歩合制や所得を外国人に取られる傾向が

   強くなってきたため、日本人労働が焙れてきて

   税収が日本でも思うように取れなくなってきたのが近年である

   (2010年6月18)

   その為か、税収引き上げができ、

   子供手当の引き上げも案もでたようです

   税は世界のあちこちで色んな面を持っていますが、

   いったんバランスを崩せば、形が保てなく為る事になるかも

   しれません。

    必死に生きていく世界、天秤を持った女神

   (正義)ユースティティア(Jūstitia)は何かを見据えて

   次世代を警告してくださってるかも知れません。

    女神の天秤が倒れる前に人が己自身で気づくき、

   税を治していけると良い平定な平穏になるのかもしれません。


   税に関係ない事はなしましたが・・

  どうせ誰も見てるようなブログでもないので良しとします。

  税は二つで一つ

  国民あっての税なので解っていてもらえると、いいなと

  自己理解と解釈で書いてみました。

  税は納めましょう。国の為自分の為です

  どんどん買い物しよう

   

      
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。