アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日記をみて・・

   
      今日たまたま五周年のリンク先で見かけた日記リンク。ちょっと思い出した事

     ・・ま、こんなことは自分の日記しか書けないので、かこうと思います。

      所詮だれが見てるわけでもないですが、これは自分の戒めも込め覚えておかなきゃ

     いけない、ですからあえて記載して身に締めておかないと。
      
      【 思 ゐ 出 日 誌 】
 

     ○ ある日、学校帰りの時帰宅すると玄関に段ボールがおかれていました。

      玄関が煌々と明るくなっており、妹と母が出迎えこの段ボールはきっと荷物

      ・・かもしれない最初はそう思ったのですが。

          
       「あ、御帰り」妹が切り出して・・いつもなら声もかけないのに・・今日に

      限って一番初めとは・・・嫌な予感

      そして母が「遅かったねどうしたの?」

      というので、学校からの列車が遅れたんだよ?というと「ああそういえば」

      そして箱の事を聞くと・・。


       「それ子犬がはいってるの・・・」母が言うと妹が知らなかったせいか

      見ていいといいだし、しまいには飼っていい?といいだす自分は、

      猛烈に反対した犬が苦手だからだ・・・。そしたら面倒みるからぁ~

      とかいいだす確実にみないくせに・・押し付ける気満々だよこの目

      。


       あーだこーだ、いってるととうとう押し切られてしまい・・・

         飼うことになった・・。

      ・・・そして翌日。この子犬は妹が面倒をみていたが。


     1週間もしないうちに。自分が面倒をみることになってしまった・・・。


     母からは一番上だから面倒みてあげてと・・なにをいってるだろ・・

     自分は初めからノーサンだったのに・・妹はいやいや言うし・・。


     ・・仕方なしに散歩や餌やり・・ちなみに餌やりは怖いのでスコップみたいな

     柄の長いものでカップをおしだす形に押し出しておっかびっくりあげてました。


    散歩はなるべく近くによせて歩き回らないようにして主導権自分にしてあるいて

    ・・・怖いんですよ仕方ないじゃないですか…。


    そして、次第に頭をちょっとなでられるかな?まで

   なれたときでした・・・。


    2か月目のある日・・・家に帰ると母が泣いていました・・・・。


      ぐったり横たわった愛犬・・・。


    なにもできなかった・・なにもしてあげられなかった・・・


        最後に抱いて・・抱き上げて・・・抱きしめて泣くだけで


        精一杯なにも貴方にしてあげられなかったとおもうと・・・。



         自分が・・・・自分が・・愛情の至らなさでこうなったと思うと。


       愛は大切なんだとつくづく思いなおされます。


       コミュニケーションが人間も動物ですから・・それが切っても切れないもの

        それはどんな時でも大切なものなのだと・・・。


      皆さん大切な人いたら繋がってるひと時を明日とおもって大事にしてください。

      今日生きた証は会話となりますから・・・。きっと。
            

    
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。