アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【 其 乃 四後編 】  「 小 生 日 誌 」

                
                 運命の五時限目

                  水ぶきを終え授業を普通に受けていた自分に

                 この事件が起こった。



               廊下を走る音がする教室では授業中であり、誰もがきずかないが

              しずかにぱたったったと不規則に足音が静かに聞こえる。

              あまりきにはしていなかったが、不規則なのが気になって耳を少し

              傾けたが注意されたので、授業に集中しだした。


              のちに静かになった。



             なんだったのだろうあの音は。


             そして

             熱い・・・なんだか背中があつい・・・なんだかやけに・・視線というか


             クラスの一人が


            「あっつ犬だっつ」


             はっつ犬何処に?


            00後ろっつ


             その言葉で、ま・・まさか


            思いつつ・・・「は、は、は、は。」


            「ー・・・・っつつぎゃあああああああああああああああ」


           思いっきり走った

           後ろ振り向いたら居たのだ、座っていたのだ、犬が


           かなり怖かった

           なにせ犬恐怖症なので、まさかラプラドールレトリバー級が鎮座してる

           なんて夢にも思わなかったので


            教室を駆け出し疾風の如くでたっつ

            「今授業ー・・・」

            耳に入らなかった授業中の「 中 」さえ言葉に聞こえなかったっつ

           はっきりいって恐怖が先に立ち上履きのまま先日雨降った校庭の泥濘を

           八双飛びのように飛び越え、水たまりを跳躍でよけ

            今まだ学校である事はわかっていたので、流石に家にまで戻らない


             でも何処に逃げようか画策していたら、ジャングルジムあったので

            そこに避難( 3年にならないと使えない )よじのぼるけど、

          犬は「は、は、は。」いってて座ってる怖くて降りられない。

         教室の窓からクラスメートが笑ってみてるのが、こっちは死に物狂いだ。

         噛まれた事ないからそういえるっつ腹を一回噛まれてみなさい嫌でも

         犬嫌いになりますよ?

           ( 犬嫌い、自業自得ですけど其の事は後に語るとして )

         暫く立って先生がやってきた。

        「 なにやってんだっつ今授業中だぞ?戻れっつ 」

        「 いやでも犬いるし 」 

        「 そんなのいいから戻れっつ  怖くないから 

         お前が逃げるからいけないんだぞ? 」

         なかなか生徒のいや自分の事を推進してくれない先生だなあ此処の先生

        こんなのばっかりなんだかなあ。

         涙目になりながら、ていうか泣きながら訴えたら校長と教頭まで。

        犬怖いから教室いかないとかいってるんですけどとか言い始め

        そのまえに・・・犬なんとかして。

         「なんで君は教室いかないんだい?犬怖いからって我慢すれば

        いいじゃないか」

        だーかーらー

       「犬に噛まれてからちかよれなくなったんですよぉっつ、いいから降ろしてええ、

       犬どっかやってくださいいいっつ」  

       切実に叫んだ。かなり切実に。自分にとっては切羽詰まってる精神的に。

       混乱してるからなのかもしてない犬が目の前にいるから。

       その混乱して、切羽詰まっている自分にこう言った。

       「 いいから鉄棒から降りなさい犬は押えておくから 」 

       溜息混じりで先生がこう答えるので恐る恐る降り。

       こそこそ戻るはめになった・・教室では皆が笑その寵笑は甘んじて受けました。

       情けなさと自分への戒めの為に。あの後また鞄と靴隠されたけどまあそれは

       いつものことだしぃすぐ見つけた( というか、飽きた・・おんなじような場所 )

       隠すならひねってほしいいつも思ったけどバケツの中に靴ってどう?お決まりに

       水はいってるのは当たり前の如くって・・普通すぎて欠伸でるよ

       鞄にいたっては、焼却炉だしもう普通すぎてあきてきた。ひねれお前ら。

       

        今日(昔)は犬怖かった。でも「 この間事 」が一番怖かった

       それを今度話します。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。