アトラスp4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWシナリオ

【泥棒はキぐるみ】 
概略
このシナリオは、畑で暴れてる泥棒一団夜な夜な現れては野菜を食い荒らしてさらに
野菜を盗んで帰っていくというその一団を懲らしめるてほしい・・・と
依頼があるのが最初です。

頼まれて一団を迎え撃つプレイヤーの目の前に現れたのは馬、ウサギ、カバ、さる、鷹
の仮面をかぶった面々。
プレイヤーにきずくと「貴様ら!悪の幹部だな」と息巻きます。
此処に長老さんが登場し、「ふぁふぁふぁ、此処がお前達の墓場となるのだぁ!(PC達に向かって)やっちゃってくだせえ」ノリがいいPCは「イー」とか言ってくれるかもしれません。(笑)
そしてある程度危機を迎え始めると「おのれぇ、われらが力みせてくれる!」と一団

このあとボスが懐からだしたものは、ストーンサーバント「いでよ!ミクロース」と一同叫びます

このサーバントと一団を倒して。無事に畑の平和を守るのが依頼内容となります・・・。

決着のつけ方
一団を全員捕らえる、または撃退する事で一応の依頼解決となります。
捉えられた場合翌日に逃げてしまいまた同じ依頼が町に着ます(笑)
一団の強さ調整・基本的に低レベルです。ですから
最大でもおかしらは3レベルとなります。武器防具はおかしらはブロードソード以上の武器はもてません。
サーバントミクロスは普通のストーンサーバント数値となります。
ボスが魔法で一体だけサーバントを呼び出します。
ボスの戦闘の仕方は基本的に近いものから戦うスタイルです
常に逃げる事を考えてます。味方も置いて一目散で逃げます
子分も同じです。
逃げるのが盗賊の美学と頭から信じています。
子分のLVは2LV二人以上いません。戦闘スタイルはやっぱり逃げるの最優先
近いものから戦うだけで、逃げられるチャンスがきたら逃げてください。

そして戦闘し逃げた子分がゴブリン軍団に襲われて
其処を助けるイベントをこなしそうして晴れて
友情が芽生え(?)みずから畑を耕すようになり、改心します

依頼はどの町からでも受けられます、人数的に最適なのは4人でLVは3LVとなります。

アジトを見つけたいとか言い出すPCもいるでしょう
アジトは村の奥にある滝の裏つぼ洞窟にひっそりとたたずんでます。
滝まではおよそ半日も歩けばつきます。

そこで最終戦を繰り広げてもかまわないでしょう。
ボスを打ち負かして改心したら村の畑を耕す一団になるでしょう。

依頼料
全員合計で1000ガメル分割してください。畑を守りきれば野菜もつけてあげてください。
守りきれずに盗まれるの観てたりしたら0ガメル依頼失敗にも匹敵と考えてください。

クエスト成功例
改心させられたら、1000点。畑も守れたら100点プラス
改心させられたでも畑が守れなかった。(戦闘で畑を荒らすような行為したり畑自体守れなかった)
依頼半分失敗800点。
一人でも死人がでた。PC、NPC一団(ゴブリン戦闘の時や滝つぼ裏での時)畑の野菜も守れなかった場合
依頼失敗500点
となります。
スポンサーサイト

ジャスコで倒れた(またか

六月三日金曜日ジャスコでまた倒れ・・・いやもう赤恥かいてしまってから、ずっと不調。

風邪引いたり鼻風邪ひいたり、と不調続きでろくにテレビもビデオも観ていない(19日母と一緒にお茶をやっとジャスコにのみにいったので少しまあスッキリ)

まあ・・・そんな事もあって、今は養生するためブログ更新が遅れてます。

(誰に言い訳してるわけでもないけど、日記だから忘れる前に書いておこうと思っただけ)

「派遣社員は電話出るな! お茶出すな!」の通達で大騒動・・で?、病気で働けない自分に一里の得無し

「派遣社員は電話出るな! お茶出すな!」の通達で大騒動
2011.06.15 16:00
この記事をChoix!newsingでこの記事をピックアップするこの記事をLivedoorクリップ!このエントリをBuzzurlにブックマークこのページをはてなブックマークに追加..■円安90円と日本株のゆくえ kabunogakkou.com
為替が株価に与える影響とは?インターネット株の学校

インタレストマッチ - 広告の掲載について

 法や規制には、「世の中にこういう秩序をもたらしたい」という理念がある。だが、目的と方策が合致していないタイプの“おバカ規制”が実はたくさんある。「ハケンの規制」にはそんな問題が満載だ。元通産官僚で行政改革担当大臣補佐官も務めた原英史・政策工房社長が解説する。

 * * *
 2010年2月、厚生労働省から出された文書が全国のオフィスに大騒動を引き起こした。

 会社側が特定の派遣社員たちに、「どんなに電話が鳴っていても、出てはいけない」「人が出払っている時にお客様がいらしても、絶対にお茶を出すな」などと、不思議な指示を出したのである。

 原因となった文書は、「専門26業務派遣適正化プラン」という職業安定局長通達だった。

 オフィスで事務をこなす派遣社員には、法令上、2種類ある。1つは、労働者派遣法施行令で定められた26業務のうち「5号業務」と言われるもので、〈電子計算機、タイプライター、テレックス又はこれらに準ずる事務用機器の操作の業務〉の専門職種で契約している人。もう一つは、「一般事務」だ。

 この2つは契約期間などで法令上の厳然たる区別がある。「5号業務」は派遣期間の制限なしだが、「一般事務」は原則1年まで(手続きを踏めば最長3年)、となっている。

 とはいえ、仕事の現場はそう単純に切り分けられない。契約上は「パソコン操作」などに限定されている「5号業務」の派遣社員も、鳴り続けている電話くらい取る。従来は、そういう「付随的な業務」も常識の範囲内で認める趣旨の通達が出されていた。

 ところが、厚労省は局長通達(適正化プラン)で規制を強化し、さらに細則を定めた「疑義応答集」で、〈5号業務の実施に伴い、お茶くみが必要になるとは考えられない〉、〈業務の実施に電話応対を要しないときの電話の応対〉を少しでも行なっている場合は、5号業務を含む専門26業務とは認められないなどとした。

 違反すれば、たちまち「違法な派遣契約」として取り締まり対象になる事態に。

 規制強化の目的は恐らく、「企業がお茶汲みなどの『一般事務』のために長期で人員確保したいなら、本来『正社員』として雇うべき。でも、そこで専門職種(5号業務)として期限なしの派遣契約を結び、正社員になれない『かわいそうな派遣社員』が生まれている。彼らに安定した雇用機会を提供しなければ!」ということだったのだろう。

 しかし、もたらされた結果は、職場の大混乱通達を機に「これでは派遣なんてもう雇えない」と派遣切りや採用縮小する企業が続出した。

 泣きを見たのは長期にわたって職を得ていた派遣の人たちだ。小嶌典明・大阪大学大学院教授によれば、「5号業務の実稼働者数は、この3年間で約25万人から、半分以下の約12万人に減少した。一部には派遣先に直接雇用された者もいるが、失職した者も少なくないと思われる」という。

「職業安定局長」の通達が派遣の雇用を不安定にしたのだ。

※SAPIO2011年6月15日号

動画つくりで風邪を引く(風邪はほぼ毎度の事)

眠いながら、この頃動画作ってたら・・見事に風邪を引き
それでも目を擦りながら動画さらにつくっていたら、
のどを痛めた模様・・・。

あー・・動画つくりが恨めしい(あれぇ?)

今日もコナンみて気晴らし

ビデオ前にとっていた、コナンみて外出できない憂さを
晴らしてます。働いたりできないし・・つらす・・。

あーーーもー。天気がいいのになあ・・・。

三日に倒れたよ・・。

ふう・・久々に日射病だか熱射病か分からないけど
ばたんきゅー、ぷよぷよで言えば24連鎖を3.5秒で組まれ一気に上に王冠三つとか四つとか
そんな気分で押しつぶされた感覚で、ほんと・・いきなり目の前が暗くなって

ふっつり糸がきれそのままジャスコの入り口前でバタンキュー、
危うく救急車呼ばれる所でした二度目は御免こうむります。

あぁ・・やっぱり外は一人じゃ無理なのかなぁぁ・・・
いい天気だったんだけどなあ・・・。

はぁ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。